■ カテゴリー別に読む ■ 過去記事を読む
HOME >>レインボーブログ >> プロジェクト >> マルチメディア療育支援ソフト開発

■ マルチメディア療育支援ソフト開発

キャドセンターの福山です。

マルチメディア療育支援ソフトの開発に関して、目的、担当分け、スケジュールが決定しました。

期間:平成16年4月1日?平成18年3月31日

対象と目的:
1)知的発達に遅れがみられる子の認知の力をつける
2)対人関係面に未熟さがみられる子のコミュニケーション基本姿勢をサポート
3)発達には遅れがみられない幼児にも楽しめる

体制:
女子美術大学 → 機器デザイン・コンテンツ開発
杉並区立こども発達センター → プログラム原案提供・実践評価
株式会社キャドセンター → 技術協力

今後の展開として、開発評価を外部経験者、療育期間関係者を含めた検討組織を設置し執り行い、関係諸機関に協力依頼を行いモニタリングを実施。学会等で成果を発表していくことになりました。

産学官の協同体制により、実際に指導に活用していくことを目的とする新技術を用いた今までにない療育システム(ハード・ソフト)を開発していきます。

長い道のりになりそうですが、やりがいのあるプロジェクトになりそうです。頑張ります!

プロジェクトコメント(0)トラックバック(0)
■ トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.rainbow-project.net/tacmt/mt-tb.cgi/13

■ コメントを投稿



 
(投稿いただいたコメントは、管理者の承認の後表示されます。)
たっちゃんのコネク島